破産宣告の方法|完全ガイド≪借金返済にお悩みの方はコチラ!≫

破産宣告の方法|完全ガイド≪借金返済にお悩みの方はコチラ!≫

破産宣告の方法|完全ガイド≪借金返済にお悩みの方はコチラ!≫

破産宣告は裁判所から受けることができるもので、一般に個人が行うものは個人破産と呼ばれます。
これは、債務の返済が不可能になったさいに行われる法的な救済措置であり、20万円以上の価値がある財産や、99万円以上の現金が没収される代わりに、一切の債務が免除されるというものです。ただし破産宣告を受けるためにはそれに足る状況になっている必要があります。ひとつはすでに滞納状態にあること。ひとつは収入額や保有している財産に対して債務額が現実的に返済不可能であるという点です。また債務の理由が遊興費やギャンブルなどで膨れ上がったものは、認められないケースがあります。
破産宣告を受けるということは自己破産の手続きをするということであり、2通りの方法があります。債務者本人が裁判所に申し立てて行うものと、弁護士や司法書士などに依頼して手続きを行ってもらう方法です。
債務者本人が行う方法では書類などを自分で用意しなければなりませんが、処分すべき財産がないような状況では、同時廃止と呼ばれる手続きが取られるため、費用が5万円ほどで行うことができます。ただし処分すべき財産があると裁判所が認めた場合には、破産管財人が選定され、その報酬として20万円から50万円を支払うことになります。
一方で、弁護士であれば、費用は30万円から50万円ほどで行ってくれ代理権を持っているので手続きのすべてを行ってくれます。司法書士は書類作成を行うだけなので費用は20万円ほどですが、裁判所の申し立てや面接は債務者本人が行う必要があります。