破産宣告の費用について【役立つ!破産宣告の知っておきたい知識】

破産宣告の費用について【役立つ!破産宣告の知っておきたい知識】

破産宣告の費用について【役立つ!破産宣告の知っておきたい知識】

借金が膨れ上がり、返済が出来なくなると自己破産の申立をする方が多いです。
自己破産の申立をし、裁判所が借金の金額と収入や資産価値のある物から5年以内に返済出来ないと判断された場合に破産宣告がされます。
注意したいのが、破産宣告されたからと言って、借金が帳消しになる訳ではない事です。
破産宣告後、免責が認められる事で借金の返済責任が無くなるのです。
ただし、自己破産の申立は大変難しく多くの方が弁護士や司法書士などに依頼します。
依頼すると当然費用がかかります。
弁護士事務所によって費用は違いますが、大体20~30万円位かかるでしょう。
自己破産すると家など50万円以上する財産の保有は認められません。
ですから、車や家は手放す事になるのです。
家は手放したく無い!と言う方には個人再生があります。
個人再生は一部の借金の返済をする事で残りの借金が帳消しになり、50万円以上の資産を保有出来ます。
この個人再生を依頼するとその費用は40~50万円かかります。
個人再生は手続きが自己破産以上に難しく、決定までに時間がかかると言われています。
一見、自己破産は借金が無くなるので大変嬉しい制度に思われますが、その分社会的制裁や制限を受ける事になるのです。
自己破産のデメリットとしては、一定の職業に就く事が出来ない、就職に影響する、家など50万円以上の資産を保有できない、ローンなど一切利用出来ないなどいくつもデメリットはあります。
自己破産しない様に計画的にキャッシングなどの利用をしましょう。